9月1日から10日まで 国際自然保護連合(IUCN)の第6回世界会議が開催されます

国際自然保護連合(IUCN)の第6回世界会議がハワイで開催!!

 

国際自然保護連合(IUCN)は、1948年に世界的な協力関係のもと設立された、国家、政府機関、非政府機関で構成される国際的な自然保護ネットワークです。

200を超える政府・機関、900を超える非政府機関が会員となっており、生物多様性保全のための協力関係を築いています。

また、世界160カ国から約11,000人の科学者・専門家が、6つの専門家委員会に所属しています。

今回の開催で第六回目を迎える世界会議は、ここハワイ州オアフ島で行われます。

地球温暖化や人口増加など現在進行形で進んでいる問題は山積み。自然環境や人間社会の将来について考え、問題解決に近づく良いきっかけとなるといいですね。

会場:Hawaii Convention Center

会議スケジュール: http://iucnworldconservationcongress.org/programa/schedule-events

 

 

参考資料

IUCN World Conservation Congress Hawaii 2016

http://iucnworldconservationcongress.org/

 

IUCN日本委員会

http://www.iucn.jp/about-iucn.html

 

Connecting Indigenous and Local Community Land and Sea Managers

www.winlsm.net

 

動画をアップ!オアフ島西海岸カエナポイントに行ってきました!!

オアフ島西海岸北部にあるカエナポイントに行ってきました!!

片道1時間半ほどハイキングをしました。

ハイキング途中では、ハワイアンモンクシールや海鳥などを観察することができました。

最終目的地である、コアホウドリの生息地であり、野鳥保護区ともなっているカエナポイントに到着。

残念ながらコアホウドリを観察することはできませんでしたが、青い海と空の中で自然を楽しむことができました。

コアホウドリは、冬の間にオアフ島カエナポイントで巣作りをするので、次回は冬にハイキングしようと思います。

お問い合わせください





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ (必須)

注)携帯電話メールのほかPCメールなど2つ以上アドレスをお知らせください

ウエストオアフツアーはこちら

DSC_0066
ウエストオアフツアーはこちらの画像をクリック!!

ハワイのNGO/NPOの活動

ハワイ、オアフ島でアクティブに地域に貢献を続けるNGO/NPO(非営利団体)をリストしました。

オルタナティブ・ストラクチャーズ・インターナショナル (Alternative Structures International)

http://asihawaii.org/

 

クプ(Kupu)
http://kupuhawaii.org/about-kupu/

 

コクアファンデーション (Kokua Foundation)
http://kokuahawaiifoundation.org/

 

サステーナブル・コーストライン (Sustainable CoastLine)
http://sustainablecoastlines.org/

 

サーフライダー・ファンデーション (Surfrider Foundation)
http://www.surfrider.org/

 

シエラクラブ・オアフチャプター (Sierra Club Oahu Chapter)
http://www.hi.sierraclub.org/oahu/

 

シークス (SEEQS)
詳細はこちらをご覧ください 「持続可能な社会を考える学校 シークス」
シークス(SEEQS) ホームページ http://www.seeqs.org/

 

パエパエオヘエイア(Paepaeoheeia)
http://paepaeoheeia.org/

 

フイ・オ・コオラウポコ(Hui o Ko’olaupoko)
http://www.huihawaii.org/

 

マオズ・オーガニックファーム (Mao’s Organic Farm)
http://maoorganicfarms.org/

 

リバー・オブ・ライフ・ミッション (River of Life Mission)
http://riveroflifemission.com/

 

リバブルコミュニティズ・オフ・ハワイ (Livable Communities Of Hawaii)

http://livablecommunitieshawaii.org/

生物多様性

生物多様性

生物多様性については以下の資料が参考になりますよ。

参考資料:

生物多様性センター : http://www.biodic.go.jp/

Encyclopedia of Life : http://eol.org/

Hawaii’s CWCS : http://www.state.hi.us/dlnr/dofaw/cwcs/index.html

Millennium Ecosystem Assessment : http://www.unep.org/maweb/en/Global.aspx

National Oceanic and Atmospheric Administration : http://www.ppi.noaa.gov/economics/?goal=ecosystems&file=users/business/species/

ハワイを調べる -ハワイと太平洋地域についての資料-

ハワイを調べる -ハワイと太平洋地域についての資料-

ハワイのことについて知りたいなら、インターネットで情報を検索するのが一番便利でポピュラーな方法ですね。しかし、インターネットの情報ではなく、本や雑誌などに触れてもっとハワイを深く知りたいと思われる方もいらしゃっるでしょう。そんな方におすすめなのがハワイ州立図書館です。そこには、ハワイや太平洋諸島に関する資料がいっぱい。ハワイでしか手に取ることができない資料も見つけることができます。

ちなみに2013年はハワイ州立図書館ができてちょうど100周年、図書館ではさまざまなイベントが開催されています。

ハワイ州立図書館のホームページ:http://hawaii.sdp.sirsi.net/custom/web/
 場所:478 South King St. Honolulu, HI 96813
閉館:日、祝日

 

 

学習スペース
学習スペース

 

100周年を記念特集。過去100年の間で出版された小説の中からハワイ州立図書館が推薦するものを展示。
100周年を記念特集。過去100年の間で出版された小説の中からハワイ州立図書館が推薦するものを展示。

 

大きなハワイアンキルト。
大きなハワイアンキルト。

 

ハワイ州立図書館はハワイ文化を発信する重要な拠点でもあります。上の写真にあるようにハワイアンキルトなどハワイアンアートを展示し、積極的にハワイの文化や歴史について発信しています。館内にはハワイに関する絵画も多く展示されており、館内を回るだけでも楽しめる。

また、ハワイ州立図書館1階には、ハワイと太平洋諸島に関する部門があり、ハワイと太平洋諸島地域の書物でいっぱい。深くハワイを知ることができます。ハワイ州立図書館ホームページではハワイ、太平洋諸島セクションが開設されています。

ハワイ州図書館のハワイ、太平洋諸島に関するページ:
http://hawaii.sdp.sirsi.net/custom/web/hawaii_and_pacific/hpnews.html#

ハワイ州立図書館のホームページまたは、実際に図書館に足を運んでみると、また新しい発見があるかもしれませんね。

原生植物とは?

今回は、原生植物についてお話しましょう。

原生植物は、人間がハワイに訪れる以前に生息していた植物を意味します。原生植物は、風、海、翼の輸入の三つの方法によってもたらされました。

  • 風:種や胞子がジェット気流に乗って地球の半分以上飛来
  • 海:種が海流に乗って漂流
  • 翼:鳥が海を渡ったときに種が運ばれた。種は鳥の胃袋の中にあったか、体に付着し上陸

原生植物には二種類に分類されます。

人間が入植する以前に存在したインディジニアスプラント(indigenous plants)。これらはハワイやその他の国でも見られます。ビーチナウパカなどがインディジニアスプラントの例として挙げられます。

もうひとつは、インディジニアスプランとが長い年月をかけ、ハワイの環境によりよく適応し変化した植物です。この過程は適応放散(adaptive radiation)として知られています。これらをエンデミックプラント(Endemic plants)といいます。これらはハワイにしか生息していないハワイ固有の植物です。ハワイ州の花であるハイビスカス種のマオハウヘレ(Ma’o Hau Hele)はエンデミックプラントの例として挙げられます。

次回ハイキングに行かれる際にはワイの原生植物に目を傾けてみましょう。新しい発見があってハイキングがもっとたのしくなること間違いなし。

参考:

ハワイ大学のページ: http://www.botany.hawaii.edu/faculty/carr/natives.htm

ハワイの鳥に関する活動を行っているNGOハワイワイルドライフセンターのページ:http://www.hawaiiwildlifecenter.org/native-species.html


 

オアフ島-地理・気候-

2015-04-21 14.53.07
ワイマナロビーチ Photo: Wildlife Hawaii LLC

ハワイは日本から太平洋を東におよそ6000km、アメリカ本土からは4000kmも離れた、北半球、太平洋の真ん中にある島々です。ハワイ州は主に西からカウアイ島、オアフ島、モロカイ島、マウイ島、ハワイ島などの島々があり、ハワイ諸島と呼ばれています。
ハワイ州は温暖で一年を通して気温が20度を切ることはありません。日本の夏のように湿気はなく、空気はからっと乾燥しており、とても過ごしやすい気候です。

オアフ島では一年を通じて北東から湿った北東貿易風が吹き込みます。この貿易風が島を南北に横切る山脈にぶつかって雨雲をつくり、島の北東部に雨を降らせます。一方、島の南部は山脈にさえぎられて雨が殆ど降りません。しかも雨を降らせた貿易風は乾燥した風となってホノルルに吹き降ろします。そのためホノルルは暑くても快適な気候になります。山に降り続ける雨がたびたび虹を生み出します。このように、虹が頻繁を見ることができるのでハワイ州は虹の州(Rainbow State)と呼ばれています。